室町時代から使われている、海苔を焼くための小箱「焙炉」

現代では、高級料亭や老舗蕎麦屋や、マニアックな店主のお店でしか

お目にかかる事は無いレアで贅沢な道具です。

 

ノリケラトプス研究所.では、現存するいくつかの焙炉を参考にし、

使い勝手の良いサイズや炭皿の置き木など含めて、

細部にまでこだわりオリジナル設計の〜HOIRO〜を完成させました。

 

一般的な焙炉は八ツ切りの海苔1枚を置くのギリギリですが、

ノリケラのHOIROは2枚を余裕で置けるサイズに拡張しています。

 

HOIROの製作は、城下町の柳川で脈々と続く家具職人さんにオーダーし、

何度も試作の上に完成しました。

 

【付属品】

・炭皿(網付き)

・炭皿置き木

・みやこ炭(A48粒)

・焼き網(オスモ用)

 

【オスモオイル塗装について】

・汚れ防止と安心、安全のために、表面加工にもこだわりました。

・オスモオイルは植物性の無公害で、食品衛生試験にも合格済みです。

・高級家具に使われる最高級の天然オイルです。

・素地に浸透して良く馴染み、素地木の呼吸を妨げないので、素地の持つ風合いをいつまでも新鮮に保ち続ける特徴があります。

 

【重要】

・炭は着火し易く安全性が高い「みやこ炭」を必ずお使いください。

他の炭は火力が強くて危険ですので絶対に使用しないでください。

みやこ炭(A48粒入り)・・・600円(税別)

 

『お勧めの海苔』

【福岡柳川産有明の焼き海苔】

・秋芽1番摘み 旬一等級(焼き弱め)

HOIROで焼き加減を楽しんで頂く為に、通常よりも焼き加減を弱めにしています。

お好みの焼き加減でお楽しみください。

・4つ切り40枚・・・1500円(税別)

 

海苔を焼く小箱 HOIRO 〜焙炉〜(オスモオイル塗装)

¥10,900価格
  • 送料は全国一律無料です。

logo_02.png
Copyright © 2019 YANAGAWA-CITY
&Noriceratops Laboratory All rights reserved. 
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram